青年部
種苗部(たねとりクラブ)
食育・食環境部
広報部
その他
カレンダー
前月 2017年10月 次月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
新着記事
トラックバック
月別アーカイブ
RSS 1.0

その他

くまもとグリーン農業推進県民大会
 熊本県は、きれいで豊かな地下水を始めとする、恵まれた自然環境を守り育てる為に取り組む農業を、「くまもとグリーン農業」として積極的に推進しています。
 有機農業については、科学的に合成された肥料、及び農薬を使わず、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農法であるため、「くまもとグリーン農業」を支える農法のひとつとして位置づけ、「熊本県有機農業推進計画」を策定し、推進しています。
 今年は、「くまもとグリーン農業推進県民大会」を有機農業をより広く普及するため、「平成25年度 第2回有機農業研修会」と位置づけ、共同開催することとなりました。
皆様のご参加をお願い致します。


※画像をプリントアウトしてFAXでお申し込みください。(FAX096-223-6772)
※先着順。定員に達し次第受付終了。受付後、入場券が届きます。

日時   平成25年11月5日(火)午後2時 ~ 午後4時30分  
場所   熊本市男女共同参画センター はあもにいメインホール
      熊本市中央区黒髪3丁目3番10号 電話096-345-2550
主催   くまもとグリーン農業推進本部 熊本県
問合先   熊本県有機農業研究会 電話096-223-6771 FAX096-223-6772

スケジュール

 14:10~ くまもとグリーン農業表彰式
 14:20~ 講演 農家の思いをお客様の元気につなげる~「料理人」渡邉明の取り組み~
       講師 ㈱イートウォーク代表取締役 渡邉 明 氏
 15:20~ 消費者発表
 15:25~ ビュッフェ試食タイム 兼 休憩
 15:55~ 生産者発表
 16:15~ くまモンクイズ
| その他 | 03:27 PM | comments (0) | trackback (0) |
くまもとの水を守ろう ~上手に使おう粉石けん~ のご案内
古くから水の都と呼ばれている熊本。これからも熊本の水を守っていくためには、どうしたらいいか考えてみませんか?
そして、環境や生物にやさしい粉石けん。使ってみたいけど難しいな~と思っている方必見!その上手な使い方を教えます。たくさんの方のご参加をお待ちしています。


くまもとの水を守ろう ~上手に使おう粉石けん~

9:20~10:50 金子好雄氏「わかりやすい水のしくみ」
11:00~12:20 藤本寿子氏「上手に使おう粉石けん」

☆金子好雄氏 プロフィール
東海大学産業工学部環境保全学科准教授
NPO法人白川流域リバーネットワーク代表
専門は水環境工学。

☆藤本寿子氏 プロフィール
水俣せっけんば広むる会事務局長
元水俣市市議会議員 
著書「水俣海の樹」「水俣みずの樹」      


★日時 平成25年9月20日(金)9時20分~12時20分 ※9時~受付開始
★場所 熊本市水の科学館 研修ホール
 熊本市北区八景水谷1-11-1 TEL096-346-1100
★参加費 入場無料
★定員 40名(先着順)
★申込先 NPO法人熊本県有機農業研究会
 熊本市東区新南部2丁目5-13
 TEL:096-223-6771 FAX:096-223-6772
 メール:info@kumayuken.org
★主催:NPO法人 熊本県有機農業研究会 食農育部
★お申込:FAX又はメールにて、【お名前・ご住所・電話・FAX・携帯番号】をお知らせ下さい。
★締め切り:9月13日(金)



| その他 | 06:29 PM | comments (0) | trackback (0) |
グリーンコンシューマーと有機JAS
第1回 グリーン消費者セミナー
あなたが買う物・食べる物が、あなたとあなたが住む環境を作っています。もし環境が破壊されてしまったら、私たちは生きていくことができなくなってしまうでしょう。そうならないために、今からできることを始めてみませんか?環境にも、健康にも、家計にも優しい、かしこい生活を始めよう!!

第1部  グリーンコンシューマーについて 10:30~
        グリーンコンシューマーってなあに?
第2部  有機JASについて 入門編 12:40~
        安心安全・実はすごい有機JASのたべもの


申し込み締め切りは7月14日です!
※FAXでのお申し込みは画像をプリントアウトし、必要事項を書き込んでお申し込みください。
※メールでのお申し込みは、氏名、連絡先電話番号、一般か会員か当日入会希望を書いてお送りください。

日 時:7月17日(水)10:30~14:00
場 所:熊本市リサイクル情報プラザ
熊本市東区戸島町2570 (東部環境工場南側) TEL:096-380-2799
参加費:1,000円(弁当代含む・会員割引有り*)
主 催:NPO法人 熊本県有機農業研究会  
共 催:畑まるごとマーケット有機生活

★主催/お問合せ・お申込先
 NPO法人 熊本県有機農業研究会   
 TEL:096-223-6771   FAX:096-223-6772
 メール:info☆kumayuken.org(☆→@)

※熊本県有機農業研究会(熊有研)の会員の方は、参加費を800円(弁当代含む)に割引いたします。
当日入会可・年会費初年度3,000円(次年度より2,000円)【特典:各種セミナー割引、季刊誌送付など】


| その他 | 12:18 PM | comments (0) | trackback (0) |
「タネが危ない」 野口勲氏 講演会(野口種苗研究所代表)
熊本県が有機農業推進計画に則って実施される、「有機農業研修会」の第1回目の案内が参りましたのでお知らせいたします。参加希望は熊有研でとりまとめますので、事務所までFAX またはメールにてご連絡ください。
          
★★「タネが危ない」 野口 勲 氏講演会(野口種苗研究所 代表)★★
    
日時:平成25年7月23日(火) 午後2時から午後5時まで
場所:御船町カルチャーセンター 大会議室
(御船町木倉1168 TEL096-282-0888)
主催:くまもとグリーン農業推進本部 熊本県


※画像をプリントアウトしてFAXでお申し込みください。

<< 講師プロフィール>>
 1944年、東京都青梅市生まれ。ほどなく父の再招集で父の郷里・埼玉県飯能市に移住。成城大学文芸学部へ入学するが、2年のとき虫プロ出版部入社のため中退。手塚治虫の担当漫画編集者となる。虫プロ退社後も出版編集業を続けるが、やがて家業の種苗業を手伝ったり、みかど育種農場で育種の研修を受けたりして種屋の三代目を受け継ぐ。伝統野菜消滅の危機を感じ、地元はもちろん、全国各地の固定種の種を取り扱い、頒布を主力にする。2008 年「農業・農村や環境に有意義な活動を行ない、成果を上げている個人や団体」に与えられる山崎記念農業賞を受賞。
 主な著書に、「いのちの種を未来に」(創森社)、「タネが危ない」(日本経済新聞出版社)、「固定種野菜の種と育て方」(創森社)。日本農業を席巻するF1(一代雑種)技術が抱えるリスクを指摘、自家採種をし、伝統野菜を守り育てる大切さを訴える。
 [ 野口種苗研究所ホームページ http://noguchiseed.com/ ]

▼ お問合せ・お申込先   締切7 月9 日
 NPO法人 熊本県有機農業研究会   
 TEL:096-223-6771 FAX:096-223-6772
 メール:info☆kumayuken.org(☆→@)

| その他 | 04:25 PM | comments (0) | trackback (0) |
平成25年度 環境保全型農業直接支払交付金について
 平成23年から、地球温暖化防止を目的とした農地土壌への炭素貯留に効果の高い営農活動や生物多様性保全に効果の高い営農活動取組む場合に支援をおこなうことが決まりました。
 熊有研事務所に県の担当の方が来られ、「有機農業関係者で、昨年は申請をされなかった人もいるようです。せっかくできた制度ですから、皆さんに申請をするようお知らせください」との事。
 エコファーマー認定を受けていることが条件となりますが、共同販売経理を行う集落営農、導入指針が定められていない作物を栽培する農業者、有機農業に取り組む農業者については、エコファーマー認定に関する特例措置を利用することができます。

 申請締切は7月1日となっていますが、その前に受付窓口の市町村締切があります。詳細は圃場のある市町村窓口を尋ね、早急に申請書を出す手続きを始めてください。

| その他 | 04:10 PM | comments (0) | trackback (0) |