top
熊本県有機農業研究会
サイトマップ お問い合わせ
野菜
スペース
熊本有機農業研究会とは 有機認証 活動内容 会報「ゆうき」 菜の花プロジェクト 入会のご案内 リンク集
 ホーム / 菜の花プロジェクト / 菜の花 NEWS!!
菜の花 NEWS!!
04/26 赤い線が一本なので陰性です
03/20 熊本の菜の花を送って!遺伝子組み換え検査をします
07/18 BDF製造の触媒としてカルシュームが
菜の花プロジェクトって?
趣意
バイオディーゼル燃料とは?
天ぷら油から作っても...注意!
菜の花栽培と搾油
活動内容紹介
菜の花の情報ひろば
矢印 菜の花栽培情報
ライン
矢印 BDFユーザー情報
ライン
矢印 廃食油回収情報
ライン
矢印 BDF製造・菜種製油情報
ライン
矢印 自治体・NPO情報
ライン
矢印 ネットワーク地図
スペース
ライン
菜の花プロジェクト 菜の花とBDEでいのちと資源の循環を
スペース
菜の花プロジェクト NEWS!!
熊本県や全国の菜の花プロジェクト関連のニュースをご紹介します。
菜の花による放射性物質の除去について
菜の花には、セシウムを取りこむ働きがあるので、汚染された土壌の浄化のために菜の花を栽培しようという意見があるようです。そしてセシウムは水溶性で水には溶けますが油には溶けないという性質をもっているので、そこから作られるナタネ油には放射性物質がほとんど含まれていないというデータも出されています。
データから見るかぎり、少しは土壌中のセシウムが減少していますので、放射性物質を菜の花に吸着させて刈り取り隔離するという方法は、土壌汚染の回復を少しでも早めるという意味では有効なのでしょう。

でも、百姓としての素直な疑問です。

決して放射性物質それ自身が分解され、自然界から今すぐなくなることではないのですよね。だから、バラまいてしまった放射性物質を出来るかぎり回収し、隔離しようとしているだけだとしたら。

収穫した菜の花の茎や葉はどこに隔離するのでしょう。
セシウムは絞った油にはほとんど移行していないということは、なたね粕の方に残留しているはず。これはどうなるのでしょう。

それでなくとも、外で作業をする百姓は土や葉や茎に付着したセシウムを吸い込む可能性が大きいのに、誰がこの作業をするのですか?

日本有機農業研究会主催のシンポジューム『大震災・原発事故をのり超える有機農業』に参加してきましたが、汚染された農地で農業を営んでいる、会場での百姓の発言が頭からはなれません。「私は被爆しようが農業をし続け、食べ続ける。」「もし、健康被害がでれば、東電に賠償をもとめます。」

ほんの少しでも汚染が分かれば食べない消費者という立場と平行で語られる菜の花栽培。大地で生きる百姓の気持ちが共有されているのでしょうか?

はざますみこ

| 10:17 AM | comments (0) | trackback (0) |
遺伝子組み換えナタネ自生調査報告
熊本県有機農業研究会の菜の花プロジェクトでは、GM ナタネ自生調査活動として熊本の9地点の調査をし、結果を5月の末に「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」事務局に送りました。

国内自生の原因は、輸入したGM西洋ナタネ種子が国内運搬中に飛散(こぼれ落ち)し、非意図的に生育した結果と言われています。それで、今回の調査地点は国道沿い、港、港から伸びる道路沿いを主に選定しています。

今回の調査では調査地点の全てから遺伝子組み換えナタネは存在しませんでした。

①八代市迎町(八代港から出る県道36号線と国道3号線の交差点) 5月22日
②八代市新港町4丁目八代港(八代飼料サイロ近くの水門脇) 5月22日
③熊本市中島町440(県道51号熊本港から3km地点の土手)  5月22日
④熊本市野田3丁目14(御船川が3号線と交わる地点の土手)  5月22日
⑤人吉市鬼木町(人吉インター入り口脇に井手の土手)  5月22日
⑥熊本県球磨郡あさぎり町目郎(球磨川沿い県道33号線の土手) 5月22日
⑦玉名市溝上月瀬地区(県道6号線沿い菊池川土手) 5月19日
⑧山鹿市方保田の市民農園横(国道325号線近く市道路肩) 5月19日
⑨熊本市植木町今藤1110(今藤地区北原開田の畑地) 5月19日



| 09:30 PM | comments (0) | trackback (0) |
廃食油でロアッソのチケットゲット!
ロアッソが食用廃油リサイクル活動に取り組みます

ロアッソ熊本では、(財)熊本県スポーツ振興事業団、崇城大学、Straight Plant Oil Project BIGMANと連携し、使用済み天ぷら油などの食用廃油を回収し、ホームスタジアムの熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)で開催されるホームゲーム(ナイトゲーム)において、照明用発電機の燃料の一部として再利用する活動を実施することを発表しました。

ロアッソがすでに実施している環境に配慮した活動、エコキャンペーン(スタジアムへシャトルバス利用促進活動)やカーボンオフセット(小国町との連携によりホームゲーム・横浜FC戦開催時に使用される電力や観客の自家用車等から排出されるCO2を、来場者1人につき二酸化炭素1kgの割合でオフセット) に加え新たな取り組みとして実施することで、今夏の節電・CO2削減対策にも反映させます。

6/12ホームゲーム(FC東京戦)より、試合会場で食用廃油の回収が行われる。

★回収可能な油
菜種油、大豆油、コーン油、ごま油、紅花油、ひまわり油、サラダ油、綿実油、オリーブオイルなどの植物油(賞味期限切れでも可)

★回収できない油
鉱物油(エンジンオイルなど)、魚油(イワシ油) 牛脂・豚脂(ラード)などの動物脂 パーム油・やし油・ショートニングなどの植物脂(常温で固化するもの)

★回収日時・場所
ホームゲーム 6/12(FC東京戦)より実施(※実施日はホームゲーム毎に告知いたします)
・6月12日(日)17時〜19時(キックオフまで)
・県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)4ゲート外特設ブース

★回収方法
ペットボトルなどに食用廃油を入れて、特設ブースまでお持ちください。
食用廃油と引き換えに、チケットをお渡しいたします。
(ひとりにつき7/17(カターレ富山戦)のB席チケットを1枚プレゼント)



| 08:25 AM | comments (0) | trackback (0) |
緊急!!モンサント社が遺伝子組換え作物の栽培を申請
緊急情報です!!
モンサント社が農水省にセイヨウナタネ・トウモロコシ・ワタなどの遺伝子組換え作物の栽培・流通・輸入等のを可能にする申請を出したとのことです。
農水省、環境省が意見を求めています。忌憚のない意見を以下のページにアクセスして提出してください。

*******************

遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集について以下のページにアクセスしてください。
 募集期間:平成23年5月23日〜6月21日(郵便の場合は当日までに必着のこと)
農水省
環境省

*******************

初心者そもそも遺伝子組換えってどんなもの??

生物の遺伝子を操作することで、早く育ったり、大きかったり、除草剤にも強かったり、と人間に都合のいいように作りかえる技術。その安全性についてはしっかりと確認されたわけではなく、以下のようなことが心配されています。

・遺伝子に手を加えているので、その生物のどこを食べても、健康被害が懸念される
・セットで販売される除草剤により、生態系の破壊、環境の破壊が引き起こされる
・単一作物の大規模栽培により、生物多様性が失われる
・自然のなかで交雑が始まり、遺伝子組換え作物は勝手に広がり、永遠に除去できない
・安心・安全な栽培をしていても、いつの間にか、遺伝子組換え作物が混じっているかも
・もし知らない間に遺伝子組換え作物の栽培をしていたら、モンサント社は特許侵害で訴えてくるらしい


直接は存じ上げないのですが、マクロビ料理教室のルナ・オーガニック・インスティテュートの安田さんのブログ記事がとてもわかりやすかったので、リンクを貼らせていただきます。
http://ameblo.jp/luna-organic/entry-10904568379.html



| 04:25 PM | comments (0) | trackback (0) |
遺伝子組み換えナタネの調査始めました
調査に使うキットです
調査に使うキットです。

メンバーで手分けをして、遺伝子組み換えナタネが自生していないかどうかの調査をしています。
調査方法など、詳しいことは
http://earlybirds.ddo.jp/natane/
へアクセスしてください。
農民連合食品分析センターが管理をやっているサイトです。




| 10:38 AM | comments (0) | trackback (0) |
ページのトップへ
熊本県有機農業研究会
〒861-8028
熊本市新南部2丁目5番13号
TEL/096-223-6771  FAX/096-223-6772

COPYRIGHT (C) 2003 KOAA.熊本県有機農業研究会. ALL RIGHT RESERVED.