熊本県有機農業研究会
サイトマップ お問い合わせ
熊本有機農業研究会とは 有機認証 活動内容 会報「ゆうき」 菜の花プロジェクト 入会のご案内 リンク集
 ホーム / 有機認証 / 有機JAS制度とは
新着情報
有機食品って?
有機JAS制度とは
熊有研の認定業務
有機JAS認定スケジュール
認定手数料
認定事業者一覧
認定リンク集
Q&A
書類資料ダウンロード
有機認証 JAS 人にも環境にも優しい有機JAS
有機JAS制度とは

有機認証制度の背景と目的

  • 1980年代半ばには、有機農業の広がりとともに、首都圏の最大市場である大田青果市場に運ばれるダンボールに「有機」「天然」「自然」などのラベルを冠したものが6割にも達するという異常事態が生じ、表示がきわめて曖昧であるという率直な疑問が公正取引委員会等によせられていました。
  • 1999年、JAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)が改正され、有機農産物の表示に法的規制がかかる「有機認証制度」が始まりました。
  • 以来、国によって認可された「登録認定機関」による認定を受けたもののみが「有機農産物」また「有機加工食品」として表示でき、それ以外のものに「有機」の表示をした者はJAS法によって罰せられます。
  • 熊本県有機農業研究会は地域に根ざした登録認定機関として、有機農産物と有機加工食品の認定業務を行い、国内の有機農家を支援し、消費者に安全な農産物を届ける手助けをいたします。

有機食品の認定システム

熊本県有機農業研究会の審査員は20年間も有機農業に取り組んできた人たちです。まずその確かな眼で圃場とその環境をチェック、その後学識経験者(当会では九州東海大学の片野教授)が務める判定委員会にその報告書があげられ有機食品の可否を判定します。現場感覚をもった審査員、専門家、消費者の代表としての判定員ともに国が認めた資格を有する方々です。

この判定委員会をパスするといよいよ農産物にJASマークがつくことになります。

総会では、皆様の御意見や質問等を審議していきます。これまで培ってきた「生産者と消費者の提携」の信頼を傷つけない為にも、良識ある多くの消費者の目が必要となります。今後もともに歩んでいきましょう。

ページのトップへ
熊本県有機農業研究会
〒861-8030
熊本市東区小山町1879-3
TEL/096-223-6771  FAX/096-223-6772

COPYRIGHT (C) 2003 KOAA.熊本県有機農業研究会. ALL RIGHT RESERVED.